暮らし

育てることで洗浄力アップ!本革クロス「キョンセーム」レビュー

キョンセームというクリーニングクロスをご存知だろうか。

カメラ・メガネ・スマホ・テレビなど様々なものに使えるのが、キョンセームの特徴である。

キョンセーム

私はキョンセームを気に入りすぎて、外出用と室内用で複数枚使い分けるほど。

この記事ではキョンセームについて書いていく。

 

 

キョンセームの実力

液晶画面を拭く

キョンセームは液晶画面についた指紋などの皮脂汚れがカンタンに落とせる。

ほんとにひと拭きで取れるからやみつきになる。

 

メガネ拭き

傷に敏感なメガネなどでも、キョンセームはガシガシ使うことができる。

洗浄力が強いから拭く回数が減って、磨きキズをつけるリスクが低減できる。

 

楽器にも使える

キョンセームはギターなどの楽器にも使用できる。

普段のお手入れであれば、乾拭きで十分。

 

革自身に湿度調整能力があり、ギターケースの中に、ギターと一緒にキョンセームを入れておくと効果的だそう。

ただしセーム自身が大きいものじゃないから、湿度調整機能を過信するのは良くないだろう。

 

キョンセームは何にでも使えるクロス

キョンセームの最大の特徴は、カメラ・メガネ・スマホ・テレビなどのあらゆるモノに使えるという点だ。

実際に手で触ってみると、革のキメかなり細かいことがわかる。

 

そして使い込むほどに革が柔軟になり、使い勝手が良くなる。

汚れが目立てば、何回でも洗って使えるという万能クリーニングクロスである。

 

キョンとは鹿の一種

キョンとは鹿の一種で、小型の鹿らしい。

もともとは中国にいたらしいけど、日本でも野生化していて外来種問題となっているそうだ。

 

表と裏で使い分ける

キョンセーム

キョンセームは革だから表と裏があり、それぞれで用途が違う。

裏面は汚れを落とす力が表面に劣るが、拭くときに滑りやすいという特徴がある。

表面は裏面の性能を上回るが、新品のときでは滑りが悪い。

 

つまり、大きなホコリや汚れを裏面である程度取り、仕上げに表面を使うという使い分けをすると良いそうだ。

 

購入直後は革が硬い

革は硬化処理を行っているらしく、購入直後は硬い。

100%の性能を発揮するために、手で引っ張り、革を柔らかくする必要がある。

 

使用する前は、丹念にキョンセームを四方八方から引っ張り、柔軟性を出してあげよう。

 

 

キョンセームの洗い方

キョンセームは汚れても、その汚れを外に出すことはあまりないそうだ。

どうしても洗う必要が出てきた場合は、以下の手順で洗うと良い。

 

キョンセームの洗い方

  1. ぬるま湯で石鹸を使い洗う
  2. 乾燥は直射日光を避けて、陰干しする
  3. 乾燥後、硬化した革を手で揉んでほぐす

革が硬化するので、最後に揉む必要があるが、まだ少し濡れている状態で手で揉むのがベストとのことだ。

革を揉むとき、革同士を強く擦り合わすとキョンセームの性能・耐久性が落ちるので注意が必要。

 

キョンセームの種類

キョンセームには使用用途に応じて、サイズ、形がさまざま。

私が購入したのは20cm✗20cmと、15cm✗15cmのもの。

キョンセーム

 

この他にも、スキンケア用の形状のものもある。

キョンセームは超微粒子繊維のおかげで、毛穴汚れを落とす能力にも優れているそうだ。

 

キョンセームまとめ

キョンセームは汚れの除去能力に優れていて、加脂・除脂能力に優れている天然素材である。

値段は少々するが、長く使うことができるクロスなので、長い目で見るとコスパは悪くないだろう。

 

 

-暮らし

Copyright© Gadget Nest[ガジェットネスト] , 2020 All Rights Reserved.