iPhone・iPad・iPod

iPadPro12.9インチ(2020)エレコム ペーパーライク保護フィルムレビュー

iPadPro12.9インチ用に保護フィルムを探していたんだけど、今回のフィルム探しで重要視したかった点は2つある。

 

保護フィルムに求めるポイント

  • Apple Pencilを使うことを想定して、紙で書いたような書き心地になるもの
  • 反射防止(アンチグレア)加工がされているもの

 

これらの要素を持っていたエレコムのペーパーライク保護フィルムを今回購入。

2018年モデル用となっているが、2020年のiPadProでも使える。

 

ちなみに2020年モデルもあるが、型落ちの2018年モデルと性能はおそらく同じ。

値段は2018年モデルの方が安いから、できるだけコストを抑えるなら2018年モデルを選ぼう。

 

この記事では、iPadPro12.9インチ用の保護フィルムのレビューを書いていく。

 

エレコム ペーパーライク保護フィルム

パッケージ

エレコムのiPadPro用ペーパーライク保護フィルムは4種類あり、今回購入したのは「ケント紙タイプ」である。

その他には、「上質紙」「しっかり」「なめらか」ラインナップされている。

ペーパーライクは4種類

 

iPadの用途がまだ定まっていなかったから、とりあえず紙っぽくなるもの選んだため、「ケント紙」という選択になっている。

 

フィルムはカメラ以外を覆ってくれる

カメラ部

フィルムのサイズは、カメラ以外の部分をきれいに覆ってくれている。

 

気泡が少し入ってしまったが、小さな気泡は数日経つと消えるので気にしないのが一番。

実際に翌日には、気泡は綺麗サッパリ消えていた。

気泡が消えた

小さな気泡は消えた

 

アンチグレアのおかげでちらつきが減った

貼り付け前

貼り付け前

貼付け後

貼付け後

フィルム貼り付け前後で画面の見え方を比較してみたところ、色味が変わることもなく、不自然なところは感じられない。

逆にアンチグレアが効いていて、照明のちらつきが減ったことから、画面の見やすさが断然アップ!

 

エレコム ペーパーライク保護フィルムの実力

Apple Pencilの描き心地は独特

書き心地

ケント紙に何かを描いた記憶がないだけに、しっかり評価はできないんだけど・・・

多少ザラザラした抵抗は感じるが、イヤな抵抗ではなくて描きやすい。

 

例えるなら選挙に行ったときに紙にえんぴつで書く感覚に近いかもしれない。

すごく良い。

 

手で触るとザラザラ

手でiPadを操作するときは、フィルムの抵抗が指に直に届いて、正直良い感触ではない。

ザラザラの紙を指でなぞるのと同じ感触かな。

 

手での操作は、フィルムなしの方が良いだろう。

ただし指紋は多少目立たなくなるから、その点はGOODであった。

 

Apple Pencilのペン先摩耗

ペン先摩耗

Apple Pencilのペン先摩耗が50%減るそうだ。

ここは実際に数ヶ月使ってみないとなんとも言えない点だが、摩耗を減らそうとしてくれていることは、Apple Pencilユーザーはとても助かる。

 

エレコム ペーパーライク保護フィルムまとめ

今回はケント紙タイプを購入したが、Apple Pencilの描き心地は良かったし、液晶の見え方もあまり変化がなくて、満足度の高いものだった。

Apple Pencilを積極的に使うのであれば、エレコム ペーパーライク保護フィルムはとてもおすすめできる!

 

唯一の欠点は、指で操作したときのザラザラ感。

これはペーパーライクを選んでいる時点で諦めるしかないと思った。

 

関連記事
パッケージ
ノートパソコン代わりになるか?!iPad Pro12.9インチ(第4世代)レビュー

続きを見る

-iPhone・iPad・iPod
-,

Copyright© Gadget Nest[ガジェットネスト] , 2020 All Rights Reserved.