暮らし

手挽きのコーヒーミルを無理やり電動化

2022年2月11日

手挽きのコーヒーミルを無理やり電動化

我が家では2000円ほどで買えるエントリー向けのコーヒーミルを使っている。

エントリー向けでも豆の挽き加減は試行錯誤し、いい感じに調整できるようになったが、肝心の手挽きの部分で毎回辛いし時間がかかり苦労する。

その苦労を無くすべく、家にあるものを使ってコーヒーミルを無理やり電動化してみた。

コーヒーミル電動化に必要なモノ

コーヒーミルを電動化するには以下のモノを準備する必要がある。

電動化に必要なモノ

  • 手挽きコーヒーミル
  • 電動ドライバー
  • コーヒーミルに合ったソケット

コーヒーミルの種類によっては、この方法で電動化することができないことも考えられる。試す前にハンドルが外れるかどうか、ハンドル挿入部は六角の形をしているかを事前に確認しておこう。

電動ドリルの種類は何でも良いと思う。安価なモノであればバッテリー式でも3000円程度で買えるだろう。

コーヒーミルに合ったソケットを選ぶ

7mmのソケットが合う

我が家ではHARIOのコーヒーミルを使っている。このミルのハンドル部は7mmのソケットが丁度合う。

自分の使っているコーヒーミルに合ったソケットを購入しよう。

コーヒーミル電動化の手順

電動化に必要なモノの一覧を見れば、どうやって電動化するかは誰でも想像つくだろう。そしてその想像通りのことをしていく。

①コーヒーミルに豆を入れる

いつものようにコーヒー豆をセット。

②電動ドリルで豆を挽く!

はい想像通り!!

これでめちゃくちゃ早く豆が挽くことができる。おおよそだが手挽きだと3分ほど掛かっていたが、電動化により1分以内には全て挽くことができた。

さいごに

この方法を試すには、予算が5000円もあればお釣りがくるくらいでできるだろう。

電動ドライバーは一家に一台あると便利だし、持っておいて損はないだろう。IKEAなどの家具もたいてい組み立て式だし。

これを機にマキタ製などの本格的に使える電動ドライバーを手に入れるのも良いかもしれない。

  • この記事を書いた人

れい

パソコン・ガジェット系が多めのブログ「Gadget Nest」運営しています。 レビュー依頼は お問い合わせフォームからお願いします。

-暮らし