カメラ

SONYのAPS-Cズームレンズはこれで間違いなし!SEL1655G購入レビュー

  1. HOME >
  2. カメラ >

SONYのAPS-Cズームレンズはこれで間違いなし!SEL1655G購入レビュー

SONY α6400に常用のレンズをずっと探していて、納得いくレンズにとうとう行き着いてしまった。

それが「SEL1655G」である。

 

SEL1655Gは焦点距離16mm-55mmをカバーしていて、どの焦点距離でもF2.8から使える便利なズームレンズだ。

a6400との組み合わせ

この記事では、「SEL1655G」のレビューを書いていく。

 

SEL1655Gは焦点距離がちょうどいい

SIGMAがSONY用として、APS-CのF1.4単焦点レンズを3種類出している。

この単焦点レンズは、写りは良いしコスパ抜群という神レンズだ。

 

SIGMA単焦点レンズの焦点距離は16mm、30mm、56mmの3種類だが、SEL1655Gはこれら焦点距離をほぼカバーしていることが、最大の特徴と言える!

 

下の写真は同じ位置に立って、焦点距離を変えながら撮影した。

かなり画角が変わっていることがわかってもらえるだろう。

  • SONY α6400,SEL1655G | 16mm

    SEL1655G | 16mm

  • SONY α6400,SEL1655G | 35mm

    SEL1655G | 35mm

  • SONY α6400,SEL1655G | 55mm

    SEL1655G | 55mm

16~55mmというのは、とにかく使いやすい画角である。

SEL1655Gは使いやすい焦点距離をカバーしながら、F2.8という明るいレンズであるため、かなり使い勝手が良い。

単焦点3本分と考えると、10万を超えるSEL1655Gもありだなと思い、今回購入に至った。

 

参考にSIGMAの単焦点30mmと16mmで撮った写真も紹介しておきたい。

SONY α6400,SIGMA16mm F1.4 DC DN | 1/400,F10,ISO400

SONY α6400,SIGMA16mm F1.4 DC DN | 1/400,F10,ISO400

 

SONY α6400,SIGMA30mm F1.4 DC DN | 1/400,F10,ISO400

SONY α6400,SIGMA30mm F1.4 DC DN | 1/400,F10,ISO400

 

 

SEL1655Gの外観・付属品

付属品

前後のレンズキャップにレンズフード、そしてソフトケースが付属でついてくる。

 

レンズ長さ1

レンズ長さ2

全長はおおよそ10cm。

望遠側にすると最大で14cmほどになる。

 

SEL1655G仕様

  • 焦点距離:16-55mm(35mm判換算:24-82.5mm)
  • 最短撮影距離:0.33m
  • 開放絞り:F2.8
  • 最小絞り:F22
  • 絞り羽根:9枚
  • フィルター径:φ67mm
  • 大きさ:最大径φ73mm、全長100mm
  • 質量:約494g

 

フード付きの長さ

レンズフードをつけると、全長はだいたい13cmになった。

フードつけていても自立する

レンズフードの形状が、自立するように設計されているらしい。

たしかに自立はするが不安定だから、このように置くことは避けるようにしたい。

 

SEL1655Gの外装は高級感がある

a6400との組み合わせ

SONY α6400+SEL1655G

SEL1655Gの外装がつや消しのブラックなんだけど、これがめちゃくちゃかっこいい!

マットな質感がα6400と同じで、一体感バツグン。最高。

 

上からのアングル

 

SEL1655Gの作例を紹介

SONY α6400,SEL1655G | 51mm,1/320,F2.8,ISO2000

SONY α6400,SEL1655G | 51mm,1/320,F2.8,ISO2000

SONY α6400,SEL1655G | 55mm,1/160,F2.8,ISO250

SONY α6400,SEL1655G | 55mm,1/160,F2.8,ISO250

SONY α6400,SEL1655G | 55mm,1/320F2.8,ISO125

SONY α6400,SEL1655G | 55mm,1/320,F2.8,ISO125

SONY α6400,SEL1655G | 39mm,1/500,F2.8,ISO100

SONY α6400,SEL1655G | 39mm,1/500,F2.8,ISO100

F2.8だから単焦点で撮ったようなボケ感が出せる。

写真の解像度も高くて、雨の質感がキレイに撮れた。

 

SONY α6400,SEL1655G | 43mm,1/80,F2.8,ISO6400

SONY α6400,SEL1655G | 43mm,1/80,F2.8,ISO6400

SONY α6400,SEL1655G | 38mm,1/320,F2.8,ISO6400

SONY α6400,SEL1655G | 38mm,1/320,F2.8,ISO6400

SONY α6400は高感度に強くてノイズがあまり目立たないから、夜でも十分使える。

 

SONY α6400,SEL1655G | 32mm,1/50,F2.8,ISO6400

SONY α6400,SEL1655G | 32mm,1/50,F2.8,ISO6400

RAW現像でモノクロ写真にしてみてもいい感じ。

雨で路面が濡れている雰囲気がよく伝わる。

 

SONY α6400,SEL1655G | 25mm,1/200,F2.8,ISO2000

SONY α6400,SEL1655G | 25mm,1/200,F2.8,ISO2000

SONY α6400,SEL1655G | 45mm,1/100,F3.2,ISO1250

SONY α6400,SEL1655G | 45mm,1/100,F3.2,ISO1250

SONY α6400,SEL1655G | 26mm,1/100,F3.2,ISO1250

SONY α6400,SEL1655G | 26mm,1/100,F3.2,ISO1250

どの焦点距離にしてもF値が変わらないのは本当に使いやすい。

 

 

SEL1655Gの気になるところ

APS-Cレンズにしては重い

a6400は小型だからグリップがしづらく、多少重く感じる。

よりグリップさせるためには、ストラップを使うか、6600などのグリップしやすい機種であれば、安定して重みを感じづらくなるはず。

 

重いといっても、SEL1655Gとa6400の組み合わせは979gであり、1kgは切っていてるから十分軽い部類だ。

a6400と組み合わせて1kg以下

 

値段が高い(定価13万)

この値段が出せるのなら、それなりのフルサイズのレンズが買えてしまう。

APS-Cを使う利点はコンパクトさと値段の手軽さだと思うから、値段が高いのは悩みどころである。

 

SEL1655Gまとめ

SEL1655Gは軽量でありながら、どの焦点距離でもF2.8という明るいレンズなので、普段使いにちょうど良い。

値段は高いし、APS-Cにしては大きめのレンズだし、やっぱり高いし…(笑)

でもその欠点を補えるほどの性能は十分にあると感じた。

 

SEL1655GはAPS-C用カメラのズームレンズとして、とてもおすすめしたい1本である。

 

-カメラ
-

Copyright© GadgetNest , 2020 All Rights Reserved.