カメラ

1万円弱で買えるAPS-C用単焦点レンズ!七工匠25mm F1.8レビュー

七工匠という中国メーカーが出しているマニュアルレンズを購入してみた。

レンズ

このレンズのいいところは、とにかく安い!!

そしてF1.8というとても明るいレンズだから、面白そうだなーというのが購入の動機。

 

この記事では「七工匠(7artisans)25mmF1.8の単焦点レンズのレビューを書いていく。

 

七工匠25mmF1.8単焦点レンズの外観

付属品

内容はレンズとキャップ類、そして取扱説明書。

七工匠の代理店「焦点工房」で購入したので、パッケージの中には日本語の取扱説明書が入っていた。

 

レンズ

レンズのカラーがシルバーとブラックがあり、今回はブラックを選択した。

 

レンズ先端のシルバーのアクセントが、シルバーだとなぜかゴールドになってたんだよね・・・

それがちょっと違和感あってブラックにした。

 

手にすっぽり

レンズは手にすっぽり入るほど小さい。

 

主な仕様

  • 焦点距離:25mm(35mm判換算 [38mm相当])
  • マニュアルフォーカス
  • APS-C
  • 絞り:F1.8-F16
  • 絞り羽根:12枚
  • 最短撮影距離:18cm
  • フィルター径:46mm
  • 質量:約150g
  • 対応マウント:キヤノンEF-M,ソニーE(APS-C),フジフイルムX,マイクロフォーサーズ

 

重さ

レンズの重さは、キャップ込みで158g。

とても軽量だが、外観はぜんぜん安っぽい印象はない。

 

FUJIFILM X-E3に装着

カメラに装着

FUJIFILMのX-E3に装着したところ、カメラ本体の手軽さと相まってとてもコンパクトになった。

X-E3はAPS-Cサイズだから、七工匠25mmF1.8単焦点レンズだとフルサイズ換算で「38mm」となる。

 

上から

重さはカメラ込みで480g程度とかなり軽い。

これくらいの重さなら、カバンに忍ばせても重量感を感じずに済みそう。

 

七工匠25mmF1.8単焦点レンズは被写体にかなり寄れる

寄れる

かなり寄れる

七工匠25mmF1.8単焦点レンズは、被写体にかなり寄れるということが分かった。

上の写真だと、だいたい10〜20cmほど近づいている。

 

これだけ寄れれば、手元の物を写したいときにとても便利そう。

料理とかの写真を撮るのにも良いかもしれない。

 

七工匠25mmF1.8単焦点レンズで撮った写真

七工匠25mmF1.8単焦点レンズとX-E3の組み合わせで撮った写真を、いくつか紹介していく。

ここの写真は全てX-E3の撮って出しで、RAW現像はしていない。

写真

FUJIFILM X-E3,七工匠25mmF1.8 | 1/4000,F1.8相当,ISO200

散り始めている桜。

ピンクと緑、青とキレイに色が出ていると感じた。

 

写真

FUJIFILM X-E3,七工匠25mmF1.8 | 1/4000,F1.8相当,ISO200

開放での1枚。

いい感じでゆるい描写になるようだ。

これがオールドレンズ風ってことかな?

 

写真

FUJIFILM X-E3,七工匠25mmF1.8 | 1/1250,F1.8相当,ISO200

被写体にめちゃくちゃ寄れるから、こんなダイナミックな写真も撮れる。

 

開放と絞りで比較

写真

1/2000,F1.8相当,ISO200

写真

1/500,F8相当,ISO200

開放ではボケが強くて解像はゆるい感じ。

一方でF8相当まで絞ると、背景はいい感じにボケて、花はしっかりと写っている。

 

写真

1/1000,F1.8相当,ISO200

1/400,F8相当,ISO200

アンダー気味での比較。

このような写真では、多少絞って解像するのが個人的に好み。

 

七工匠25mmF1.8単焦点レンズまとめ

F1.8という明るさのレンズが1万円前半というのはとてもお値打ちだ。

マニュアルフォーカスだからカメラの練習にもなるし、手軽に持ち歩きたいレンズだと思った。

 

交換式カメラを購入して、単焦点にステップアップしたいときに、このレンズはとてもおすすめである。

 

 

-カメラ
-,

Copyright© Gadget Nest[ガジェットネスト] , 2020 All Rights Reserved.