Mac

黒くなったMac miniをレビュー!2012のMac miniとの比較など【Mac mini2018】

投稿日:2018年12月10日 更新日:

海外から運ばれて、とうとううちに届きました!

Mac mini2018!!!

早速古いMac miniからの移行も済んで、新しいMac miniからこの記事を書いています。

それでは軽くレビューいってみます。

開封します

 

黒くて渋い!

Proっぽくてかっこいいですねー!

付属品は電源コードと説明書だけ。毎度のことだけどすごくシンプル。

 

購入したMac miniのスペック

スペックはこんな感じにしてみました。

 

メモリとSSD以外は最高スペックにしました。これでも20万切るのでコスパは悪くないと思っています。

そしてどうせ買うなら一番いいものが欲しかったので(笑)

 

メモリは後から増設できるとのことで最低の8GBに。ただこれがちょっと失敗だったかなあ。

自力でメモリ交換できるようですが、ちょっと難易度が高いみたい。。。

まあ何事も挑戦。メモリは手配しているし工具は全て揃っているし。

メモリが届き次第、増設に挑戦です。

 

ちなみに購入したメモリはこれ。

 

【Mac mini2018】VS【Mac mini2012】

今まで使ってたMacが2012年製でした。

スペックはこんな感じ。

どうにかして両機種を比べてみたかったので、長い動画をiMovieで書き出してみて、かかった時間を比べてみました。

  • 2012年製Mac mini・・・60分
  • 2018年製Mac mini・・・40分

新しいMacはメモリ8GBというハンデがありながら、かかった時間は2/3程度となりました。

 

これはCPUの差なんでしょうか?

パソコンには詳しくないのでよくわかりませんが、おそらくそういうことなんだと思います。

 

さいごに

Mac mini2018が登場したからかはわかりませんが、これに適合するDDR4のメモリがかなり品薄状態になっています。

みんな僕と同じ考えなんでしょうね(笑)

 

メモリを32GB搭載すればもう完璧です!動画編集でもなんでもこいっていう感じ。

肝心の動画は全然撮ってないんですけどね・・・

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-Mac

Copyright© GadgetNest , 2019 All Rights Reserved.