パソコン・ガジェット好きによる散財レビューブログ

GadgetNest

バッグ

リュック・バックパックのショルダーベルトを固定する画期的な方法

  1. HOME >
  2. 暮らし >
  3. バッグ >

リュック・バックパックのショルダーベルトを固定する画期的な方法

リュックを使っているときにいつも気になるのが「ショルダーベルト」の緩み。

電車移動のときは全面に持ってきたりすることで、次第に片側だけベルトが伸びるということがよくある。

ショルダーベルト

毎回ベルトを調整するのも面倒だし、なにかいい方法がないかなと思ったとき、モンベルでめちゃくちゃいい商品を見つけてしまった。

それは「テープクリップ」という商品だ。

 

テープクリップ

テープクリップを使えば、ベルトを固定するだけでなく、余って邪魔になっているヒモもまとめることができる!

この記事では「テープクリップ」を使ったベルトの固定方法を書いていく。

 

 

テープクリップの本来の使いみち

テープクリップ

テープクリップはモンベルで売られている商品で、本来の使い方は「バッグの余ったベルトをまとめるためのもの」である。

ベルトをまとめるだけのものだから、ベルトを固定するまでの保持力はそこまでない。

 

使い方はカンタンで、下図のようにベルトに引っ掛けて固定するだけである。

取り付け方法

テープクリップ取り付け方法

 

本来の取り付け

本来の方法でリュックに取り付けると、このような外観となる。

この状態だとクリップの保持力はそこまでないから、ベルトが引っ張られると普通に伸びてくる。

 

今回はこのクリップを使って、無理やりベルトを固定させようということ。

本来の使い方からは逸れているので、クリップが破損しても責任は持てない!

 

 

テープクリップを使ってベルトを固定する

どうやって保持力のないテープクリップに保持力をもたせるのかというと、本来のベルトと余っているベルトの2本を同じスペースに挟み込み、保持力をアップさせるという単純なもの。

どういうことかというと、この写真をみてもらえるとわかりやすい。

 

2本をまとめて挟むことで、かなり保持力がアップする。

ただし2本まとめて挟むには、ベルトの厚みがそれなりに薄いものでないといけない。

厚めのベルトだったら、テープクリップを本来の方法ではめるだけで、それなりに保持してくれる。

 

ベルトを挟むのが意外とむずかしい

ベルトを挟むには写真のようにずらしながらはめる必要がある。

これが意外とむずかしい!

 

はめ方

壊れるのを覚悟でずらせばうまくいくので、ここはがんばるしかない・・・

 

テープクリップは20,25,30,38mmの4種類あり

テープクリップは、ベルトの幅により4種類から選ぶことができる。

サイズは20mm,25mm,30mm,38mmから手持ちのベルトにちょうどよいものを選ぼう。

 

38mm以上の幅のベルトは当然ながらテープクリップは使えない。

 

さいごに

ずっと悩んでいたベルトの伸び問題だが、200円もかからずに解決してしまった。

しかも余っているベルトも一緒に束ねられるから、一石二鳥である。

 

ちなみにテープクリップは、アマゾンなどでは送料が上乗せされてあまり安くない。

モンベルの店舗で比較的カンタンに買えるので、実店舗で買うことをおすすめする。

-バッグ
-

Copyright© GadgetNest , 2019 All Rights Reserved.