オーディオ

デザイン100点・サウンド30点!音にこだわらなければ最高のイヤホン!【BeatsX レビュー】

投稿日:2018年12月15日 更新日:

BeatsXを購入したのが2018年1月末。

iPhoneXを購入したときにブルートゥース対応イヤホンを持っていないからしぶしぶ買ったような気がします。

約1年ほど使ってみてのレビューになりますが、結論から先に言うと、デザイン100点・サウンド30点が率直な感想です。

それでは詳しく書いていきます。

 

デザイン・機能性は100点

僕が解説するよりBeatsXのCMを見て頂ければ、すぐにかっこよさがわかるはず。

CMでは「すてきなネックレス!」って言われていますが、さすがにそれは言い過ぎかと(笑)

でも普通のイヤホンを首にかけているよりかは、かっこいいですよね。

一目見てBeatsXと分かるかっこよさ

BeatsXの見た目は、スタイリッシュでかなり好み。

購入したBeatsXの色は、マットシルバーです。全体的にホワイト、イヤーピースのロゴだけがシルバーになっています。

ペアリングがとても簡単

電源ボタンを長押しするとペアリングモードに切り替わり、iPhone側で承認するだけで繋がります。めちゃくちゃ簡単!

一度ペアリングすれば、次からは電源を立ち上げるだけで繋がってくれます。

イヤーピース同士がマグネットで引っ付く

イヤホンを外したとき、イヤーピース同士がマグネットで引っ付いてブラブラしません。

これが意外と便利。

耳にフィットして外音はほとんど聴こえない

ノイズキャンセリングはありませんが、耳によくフィットしますので、外音はほとんど聴こえません。

電車内で音楽を聴いても、最低限の音量で十分聴こえます。

 

サウンドは30点

BeatsXのサウンドは、全体的にハイがかなり篭っている印象。

高音域のジャリっとしたような音は全て聴こえません。まるでおもちゃのようなサウンドになります。

1万円以上してこの音か…と思ってしまいました。

 

ほかに悪かった点

付属ケースが小さい

BeatsXに付いているケースが明らかに小さい。イヤホンを収めることは至難の技。

入れ方のコツを掴めば使えないことはないです。でもイヤホンのケーブルにダメージを与えそうなくらい曲げないとケースに入りません(笑)

値段が高め

定価は高めの税別14800円。

Beatsというブランドがついているのでこの値段でも売れるんでしょうね。

 

さいごに

こういうカジュアルなイヤホンって外でしか使わないし、サウンドにこだわってはいけませんよ。

そう言った意味で言えば、BeatsXは結構良いものだと思います。

僕は気に入って使っています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-オーディオ

Copyright© GadgetNest , 2019 All Rights Reserved.