ドローン

持った瞬間に軽さを実感!200gを切るドローン「DJI Mavic Mini」レビュー

  1. HOME >
  2. ドローン >

持った瞬間に軽さを実感!200gを切るドローン「DJI Mavic Mini」レビュー

2019年11月中旬から発売された「DJI Mavic Mini」

このドローンの最大の特徴は、バッテリーを含んだ本体の重量が199gという点だ。

 

重量が200gを切ることで、飛ばせる範囲がグッと広がった。

関連記事
ドローンを飛ばしていい場所はここ!法律・飛行ルールを解説

続きを見る

Mavic Mini

 

この記事では、購入したDJI Mavic Miniのレビューを書いていく。

 

Mavic Miniの外観と付属品

パッケージ

今回購入したのは、Mavic Miniのフライモアコンボである。

フライモアコンボは本体の他に、ケース、バッテリー☓3、プロペラガードなどの、後で買い足しが必要なものがほとんど揃っている。

これだけ揃ってMavic Miniから1.5万円ほどしか上乗せされないから、かなりお得だ。

※バッテリー3つ買うだけで1.5万円ほどする!

 

ドローンを初めて買う方は、フライモアコンボを選ぶ方が良いだろう。

付属品

フライモアコンボの内容

 

Mavic mini本体は手のひらサイズ

手のひらサイズ

Mavic Miniはとてもコンパクトな構造になっている。

重量はバッテリー込みで驚異の199g!

 

Mavic Mini仕様

  • 重量・・・199g(海外仕様は249g)
  • 折りたたんだ状態のサイズ・・・140×82×57 mm (L×W×H)
  • 展開時のサイズ(プロペラ含)・・・245×290×55 mm (L×W×H)
  • 最大飛行時間・・・18分(海外仕様は30分)
  • 動作環境・・・0℃〜40℃

 

正面

本体正面にはジンバル・カメラ・センサーがみえる。

 

後方

後方にはマイクロUSB端子とマイクロSDの差込口がみえる。

ここは常時丸見えだから少し不安に思う。バッテリーカバーで一緒に隠してくれたらよかったのに。

関連記事
MavicMini SDカード
Mavic Miniに最適のマイクロSDカードはスピードクラス3以上の32GB!

続きを見る

 

お腹

本体のお腹は虫みたいで少し気持ち悪い。

ここにもセンサーがついているのが見える。

 

プロペラガード

プロペラガードをつけると、見た目の印象が変わる。

この状態だと200gを超えるから、外での飛行場所は特に注意してもらいたい。

 

Fly Moreコンボのアクセサリー

ケースは小さい

Fly Moreコンボに付属のケースは、コンパクトにできていて、ニンテンドースイッチと横幅はほぼ変わらない。

このケースに、本体と送信機、バッテリー☓3、充電器、他アクセサリーを入れられるから持ち運びのときに重宝する。

 

アクセサリー

ケースの他に、バッテリー☓3、プロペラガード、予備プロペラ、ACアダプター、各種ケーブル類などが付属している。

 

Mavic Miniのプロペラ音はかなり静か

Mavic Air

Mavic MiniとAirではプロペラの音質が違っていて、Miniのほうがかなり静かになっている。

静かだとはいえ、かなりの騒音が出るので、家の中で飛ばすというようなことはあまりおすすめしない。

 

Mavic Mini

外で飛ばしているときは、ドローンが飛んでいる!というような騒音はかなり抑えられていて、周りからの目もあまり気にすることがなくなった。

プロペラ音が静かになった点はかなりグッド!!

 

Mavic Miniの気になった点

Mavic Miniを展開するときに足を折りそう

足折りそう

軽量化の努力のおかげなんだけど、本体の剛性がおそらく弱い。

足などの細い部分は、衝撃を与えたら簡単に折れてしまうだろう。

 

足を展開するときも、特に後ろ足は間違えて違う方向に曲げてしまったとき、折ってしまいそうなので注意したい。

 

バッテリー持ちは良くない

バッテリーの持ちは最大飛行時間18分と書いているが、実際に飛ばしてみると10分も飛ばせば、安全を見てバッテリー交換をした方が良いだろう。

それぐらいバッテリー持ちは良くない。

 

Mavic Miniで長時間遊びたいのなら、バッテリーが3つ付属しているフライモアコンボの購入が必須だ。

 

送信機にスライダーがついていない

スライダーがない

Mavic Airの送信機には、スマホに挿す端子を固定するためにスライダーがついていた。

これがMavic miniには、なぜか省かれていた。

 

スライダーがないからiPhoneにケーブルを挿しづらい上、アームを収納したときに挿し口が飛び出してしまう。

Mavic Mini用にどうにかしてスライダーを手に入れたいところだが、別売りしているものじゃないから諦めるしかないようだ…

挿し口が飛び出てしまう

挿し口が飛び出てしまう

 

プロペラガードの取り外しが不便

プロペラガード

プロペラガードの取り外しが、ロックしにくかったり、ロックを外すのが硬かったりで、とにかく面倒。

 

そしてプロペラガードを取り外すときが、軽量に作られているMavic Miniの足を折ってしまいそうで怖い。

ワンタッチで取り外し取り付けできる構造にしてもらいたかった。

 

バッテリー残量の確認がちょっと不便

Mavic Miniのバッテリー残量を確認するには、充電用ハブにバッテリーを挿入して、ハブの横についているボタンを押すことで4段階で見れる。

バッテリー残量確認

ハブのサイド

 

Mavic Airなどの従来のバッテリーは、バッテリー本体の電源ボタンを押せば、手軽にバッテリー残量を確認できていた。

Mavic Miniのバッテリー残量確認は、以前の機種から見れば、少し手間が増えたと感じる。

 

Mavic MiniはDJI Care Refreshが安い

Mavic Miniは本体代が安いからなのか、DJI Care Refreshは4400円と安めの値段設定である。

本体が水没していようが壊れていようが、年に2回までは格安で機体を交換してくれるDJI Care Refreshは、入っておいた方が良いサービスだと思う。

 

関連記事
DJI Care Refresh表
DJI Care Refreshを安くする方法とアクティベートを解説

続きを見る

 

Mavic Miniまとめ

Mavic Mini

気になる点が目立ったMavic Miniだが、値段をみれば、かなりコストパフォーマンスの高いドローンだ。

お手軽ドローンだけど、本格的に撮影できるし、初心者が手をつけるドローンとしては、Mavic Miniはとてもオススメできる。

 

もしMavic Miniの購入を検討しているのなら、最初からバッテリーが3つ付属しているFly Moreコンボをおすすめしたい。

1.5万円ほど上乗せされるが、それ以上のアクセサリーが付属するから、Fly Moreコンボを選んでおいて損はない。

 

-ドローン
-

Copyright© GadgetNest , 2020 All Rights Reserved.