ドローン

動画用のマニュアル設定が追加!Mavic Miniファームウェア更新の全容を解説

2020年4月24日にMavic Miniのファームウェアが更新された。

ファームウェア更新により、待望の動画用のマニュアル露出設定が可能となっている。

これは神アップデートの予感!!

 

Mavic Miniファームウェア更新の内容

更新内容

今回の更新の内容の中で特に良いなと思ったのが「動画用のマニュアル露出機能」である。

 

これまで動画はオートでしか露出補正できなかったのが、今回のアップデートによりシャッタースピード、ISO感度を手動で調整することが可能となった。

動画撮影にこだわっている方であれば、この機能は神アップデートと言えるだろう。

 

難点はMavic Mini用のNDフィルターに良いものがないというところだ・・・

おすすめなにかないですか。

 

Mavic Miniの更新方法

更新方法はスマホ用アプリ「DJI Fly」、またはPCソフト「DJI assistant 2」経由で行う。

普段Mavic Miniを飛ばすときに「DJI Fly」を使うから、そこからのアップデートが一番お手軽だろう。

 

アップデートの方法は公式動画で確認できる。

 

DJI Flyからのアップデートはめちゃくちゃカンタン。

Mavic Mini本体とDJI Flyを接続すると、トップ画面にファームウェア更新画面が出てくるので、そこをタップするだけである。

アップデート中

更新中

 

そのまま放っておけば、アップデートは勝手に終了する。

アップデート終了

更新終了

 

動画の露出変更の幅

シャッタースピードは1/30〜1/8000

シャッタースピード

シャッタースピードの調整は、1/30〜1/8000であった。

 

ISO感度100〜3200

ISO感度調整

ISO感度の調整は、ISO100〜3200であった。

 

ファームウェア更新まとめ

動画の露出補正ができるようになると、動画の表現の幅が広がる。

そして、2.7K 24fps、1080p 24/48fpsの追加によって、シネマ風の撮影も可能となった。

-ドローン

Copyright© Gadget Nest[ガジェットネスト] , 2020 All Rights Reserved.